旨いもん三昧の居酒屋話

居酒屋でジンギスカンを食べ放題!

まだ若かった頃、池袋の居酒屋でジンギスカンの食べ放題をやっていた。金額は確か1500円だったと思う。若い仕事仲間でよく行ったものである。お店が開くのが17時だったが、18時ころまでに入らないと並ぶかその日は諦めるしかなかった。なにせ食べ放題なので一旦入るとみんななかなか出ていかない。酒も入るし最低で2時間は居るだろう。我々は仕事が終わるのが17時半、速攻で職場を出てお店の前で待ち合わせをするか、早く行ったものが場所を取るといった約束が出来ていた。ジンギスカンは食べ放題なのだが飲み物は別料金。それでもリーズナブルな金額で飲めた。我々も休みの前の日は3時間くらいは居座ったものだ。

ある時、友人が外回り先から連絡をしてきて、仕事先から直帰ということで店に行くから待ち合わせようと言うのである。私は二つ返事で了解し、ほかの連中を誘った。そしていつものように店に行きみんなで飲み始めた。結構いい調子になった頃、隣の席の人間が帰り、テーブルが片付けられて次のお客が入ってきた。我々は息を飲んで、箸も飲むのも止めてしまった。そこには課長連中がいたのである。最初は「どうも」「お前らも来ていたのか」みたいな会話をした。そのうちに課長の一人が「あれ、お前仕事先から直帰じゃなかったか」と言い始めたのである。

直帰をした仲間は下を向いたまま「早く終わったので合流しました」と言い訳をした。その日はそれで終わったが、その次の日から彼は直帰を使えなくなってしまったそうだ。